>

管理人に正直な理由を伝える

この記事をシェアする

家賃を下げてほしい理由を言う

金銭的な問題で、どうしても家賃を支払うことができないケースもあります。
それを伝えると、管理人は了承してくれるかもしれません。
具体的に下げてほしい金額を伝えるのも良い方法です。
家賃を下げてほしいというだけでは、自分が期待した価格にならない可能性があります。
55000円が通常の家賃だったら、50000円にできないか聞いてください。

30000円近くまでいきなり下げることはできないと思います。
少しずつ段階を踏んだり、ほんの少しだけ価格を下げるよう依頼してください。
5000円ぐらいだったら了承してくれる管理人が多いです。
それ以上に家賃を下げてほしい場合は、長期戦になる覚悟をしてください。
条件を提示するのも、家賃交渉を成功させるコツです。

こちらから条件を提示する

例えば、家賃を下げてくれたら絶対に入居すると条件を伝えてください。
管理人にとって、入居を増やすことは収入に繋がります。
ですから入居者を失うことはしたくないと思います。
ここで入居者を失うよりだったら、5000円ほど家賃を下げて入居させる方お得だと考える人が多いです。
管理人に家賃を下げてもらいたいと言って、難しい顔をした場合は条件を伝えてください。

絶対に入居すると言ったら、嘘にしないでください。
それではトラブルが起こります。
本当に入居したいと思った賃貸を見つけた時に、このような方法で家賃交渉をしてください。
お金に余裕が無い人は、希望通りの賃貸を選択できないと諦めているのではありませんか。
しかし自分で交渉することで、気に入った賃貸を選べます。