>

何の金額を安くしてもらうのか

この記事をシェアする

敷金を安くしてもらおう

家賃を安くしてもらうのが、最終的な目標だと思います。
ですが家賃交渉が難しいので、まずは他の金額から攻めてください。
他の部分の金額を下げることができれば、家賃の価格がそのままでも予算内に収まると思います。
まずおすすめの金額は、礼金です。
礼金は部屋を貸してくれる管理人に対して、お礼の意味を込めて支払う金額になります。
比較的、交渉しやすいと言われています。

通常は、家賃の2か月から3か月分の礼金を支払います。
礼金を全て免除することはできないでしょうが、1か月分にするなどの対応をしてくれる管理人が多いです。
少しでも安い価格で賃貸を借りることができるよう、礼金を交渉してください。
一生懸命に頼みこむと、管理人は頷いてくれると思います。

フリーレントを適応する

フリーレントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
家賃を支払う期間を、少しだけ免除するシステムのことです。
最近はフリーレントに対応している賃貸が増えているので、適応できないか管理人に尋ねてください。
家賃が下がるわけではありません。
一定期間が過ぎたら、通常通り家賃を支払わなければいけません。

ですから家賃を下げるよりも管理人に利益があるので、フリーレントをしてくれるところが増えています。
1か月や2か月ぐらいなら、家賃を免除してもらいやすいです。
しかしフリーレントで入居した賃貸には、短くても半年は住まなくてはいけません。
半年以下で、退去することはできません。
本当に気に入った賃貸を選択することをいしきしましょう。