少しでも安く?賃貸交渉に必要なコツ

家賃交渉を成功させよう

上手く交渉するコツを理解しよう

自分の力だけで、条件に一致する賃貸を見つけるのは難しいです。 不動産屋に相談してください。 するともし見つかった賃貸の家賃が高くて悩んでいる時に、一緒に家賃交渉をしてくれます。 心強い味方になるので、困った時に助けてくれる不動産屋に相談しましょう。

何の金額を安くしてもらうのか

おすすめの部分は、礼金とフリーレントです。 敷金は最初に支払う金額ですが、管理人に預けると思ってください。 何事もなく退去する日が来たら、敷金は返されます。 ですから安くしても、自分にメリットはありません。 礼金を安くしてもらったり、フリーレントを適応してもらいましょう。

管理人に正直な理由を伝える

家賃交渉をしたい理由を、しっかり述べることが重要です。 手持ちのお金が少ないというのは恥ずかしくて、なかなか管理人に伝えることができない人が見られます。 ですが理由を言ってもらえないと、管理人も対応に困ります。 正直に話すことで、価格交渉しやすくなります。

信頼できる不動産屋の条件

ただ家賃をやすくしてほしいとお願いするだけでは、聞いてくれません。
交渉する時には、コツがあります。
コツを意識することで、家賃交渉が成功しやすくなります。
不動産屋に相談して、気に入る賃貸を一緒に探す人が多いと思います。
こちらの力になってくれそうな、良い不動産屋を利用してください。
良い人であれば、賃貸の管理人と交渉する時に力を発揮してくれます。
自分の力だけでは、交渉を成功させるのは難しいです。
協力してくれる不動産屋を見つけましょう。

また、何の金額を下げてもらうのかを決めてください。
賃貸に入居する時に支払う金額は、家賃だけではありません。
手数料や敷金、礼金などがあります。
交渉しやすい価格があるので、見極めてください。
また価格を下げてもらっても、自分にあまりメリットがない金額もあります。
どの価格が下がることで、メリットが大きくなるのかも調べましょう。
最後に意識することは、交渉の時の言葉です。

きちんと理由を添えて、家賃交渉をすれば相手に気持ちが伝わりやすくなります。
何も言わずに、ただ家賃をもっと安くしろと言っても相手は聞き入れてくれません。
予算が足りないなどと、具体的に伝えてください。
またお願いする意識を忘れないでください。
上から目線で話すと、相手に失礼な態度になります。
そんな人のお願いは、絶対に聞き入れたくないでしょう。
丁寧にお願いすることで、管理人の心を動かせます。
頑張って交渉を成功させましょう。